Ritzwell カウチソファ

売り切れました

Ritzwell(リッツウェル)によるカウチソファです。

シンプルなデザインでありながらリッツウェルならではの上質感が漂う、リビングコーナーソファとしても配置可能なソファ+オットマンセットです。

  • 商品ID : 28026
  • 無料査定も承ります
  • 使用感などは写真掲載の通り

Ritzwell(リッツウェル)によるカウチソファです。

シンプルなデザインでありながらリッツウェルならではの上質感が漂う、リビングコーナーソファとしても配置可能なソファ+オットマンセットです。

リッツウェル / Ritzwell

1992年設立の、福岡県福岡市を拠点とするオリジナル家具のブランド。日本国内で企画開発から製造までの工程を一貫して手がけ、“made in Japan”の家具を作り続けています。「愛着を記憶する家具」がプロダクトデザインのコンセプトです。全てのプロダクト開発は、デザイナーと創設者・宮本敏明の共同作業で行われ、「実用性」と「審美性」の2つの視点から幾度ものでブラッシュアップを繰り返し、過剰さを削ぎ落としながら家具として造形しています。そのプロダクトデザイン・プロセスの中から、素材を使い込むほどに、家具がその背のかたちや、愛着を、皮革のしなやかさや、親しみのある皺、美しい陰影として記憶していく、すなわち「愛着を記憶する家具」が誕生するのです。リッツウェルの家具づくりに欠かせないのが素材と形状の研究です。デザイナーの宮本晋作とATELIER D.Q.は常にタッグを組み、この重要なプロセスに取り組んでいます。日本の伝統によって培われた美の概念を広め、調和とバランスを重んじながら、独自のスタイルにこだわった完璧なデザインを実現すること。研究開発を経て生み出されるすべての製品に、そんなリッツウェルの企業としてのミッションが込められています。そして、最先端のエンジニアリングと伝統的な技の共存もリッツウェルの家具づくりを支えています。テクノロジーは商品の品質と耐久性を高め、職人のていねいな手仕事が仕上げの美しさを約束しています。こうして生まれたリッツウェルブランドの魅力は、多くの建築家やインテリアデザイナーに愛され、その結果、個人住宅のみならず、オフィスやホテルなどの商業スペース向けの幅広いハイエンドなプロジェクトも高く評価されています。

サイズ(単位mm)

  • ソファ 幅 3130 (2170+960) 奥行き 870 高さ 780 座高 390 肘高 590 
  • オットマン 幅 970 奥行き 870 高さ 390

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材 ファブリック

★★★★★モデルルームなどの展示品、または使用感が少ない美品