イームズ タイムライフチェア

定価¥609,120   ¥249,000

HermanMiller (ハーマン・ミラー)社より、Charles & Ray Eames(チャールズ&レイ・イームズ)デザインによるエグゼクティブチェアです。

  • 商品ID : 28247
  • 無料査定も承ります
  • 使用感などは写真掲載の通り

HermanMiller (ハーマン・ミラー)社より、Charles & Ray Eames(チャールズ&レイ・イームズ)デザインによるエグゼクティブチェアです。

1960年、イームズ ウォールナット スツールとともに、米国のタイムライフビルの3つの超近代的なロビーのために作られたチェアで、「タイムライフチェア」という別名でも知られた一品。 大きめのサイズのエグゼクティブ・チェアは、アルミニウム・ベースとフレーム、そして見事に仕上げられたカバーを含めて、最高品質の素材で作られています。イームズの代表作品ラウンジチェアを踏襲しつつ、座り心地と使い勝手を最優先に考えたイームズ最高傑作の一つです。

チャールズ&レイ・イームズ / CHARLES & RAY EAMES

チャールズ&レイ・イームズ夫妻は、アメリカを代表するデザイナーで20世紀のデザイン界に数々の金字塔を打ち立てた巨匠。ミッドセンチュリーモダンの草分け的な存在として知られる。チャールズ・イームズは、1907年アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス生まれ。奨学金を受けセントルイスのワシントン大学で建築を学び、1930年に自身の建築事務所を設立。多くの建築を手がける。一方レイ・イームズ(結婚前はレイ・カイザー)は、1912年アメリカ合衆国カリフォルニア州サクラメント生まれ。元々は絵画の勉強をしアーティストの道を歩んでいた。2人の出会いは、レイがクランブルック美術アカデミー在学中にクランブルックの学長だったエリエル・サーリネン(エーロ・サーリネンの父)が、チャールズをアカデミーへ招いたことがきっかけとなる。チャールズは、この時出会ったエーロ・サーリネンと共に作品を作り、1940年のMOMA(ニューヨーク近代美術館)『住宅家具のオーガニックデザインコンペ』に出展した。成型合板を使った椅子、棚、机を出品し6部門中2部門で優勝し、注目を集めた。1941年、チャールズとレイが結婚。その後は、チャールズ&レイとしての活動が中心となる。 1946年、MOMAのインダストリアルデザイン部長であり、1940年のデザインコンペ の主催者でもあったエリオット・ノイスが、『チャールズ・イームズがデザインした新しい家具』展を同美術館で開催。成型合板のラウンジチェアなどが出品され、この展覧会は関係者に衝撃を与えた。インテリアメーカー各社がチャールズ・イームズ獲得に動きだしたが、強い熱意があったハーマンミラー社と契約した。この時、ハーマンミラー社のデザインディレクターであったジョージ・ネルソンは「自分へのデザイン料を削ってでも、才能あるチャールズ・イームズを迎えるべきだ。」と言ったというエピソードがある。2人はジョージ・ネルソンとともに、シェルチェア(1950年)、ワイヤーチェア(1951年)、ラウンジ・チェア&オットマン(1956年)、アルミナ・グループ(1958年)など、画期的で斬新な家具をいくつも生み出した。チャールズ&レイの活動は、建築、家具デザインだけにとどまらず、映画やグラフィックなど多くのデザイン分野に及び、モダンデザインのパイオニアとして数々の功績を残した。

ハーマンミラー / Herman Miller

アメリカが世界に誇る、最高峰のアメリカンモダンファニチャーブランド。ハーマンミラーの歴史は、1923年、ミシガン・スター・ファニチャー・カンパニーの社長だったD.J.デプリーが、養父のハーマンミラーに会社の株の購入を勧めたことから始まります。ハーマンミラーはミシガン・スター・ファニチャー・カンパニーの過半数の株を購入し、ハーマンミラー・ファニチャー・カンパニーへと改称。D.J.デプリーはそのままハーマンミラー・ファニチャー・カンパニーの初代社長に就任します。当初は、改称前の会社と同様に、伝統的スタイルの家庭用家具を製造していましたが、1930年、ニューヨークのデザイナー、ギルバート・ローディとの出会いをきっかけにハーマンミラーの方向性は大きく変化します。変わりつつあるアメリカ人のライフスタイルとニーズに合った製品を作ることに目を向け、それまでの伝統的スタイルの家具からモダニズム路線へと転換していきます。1940年代に入ると、オフィス家具のマーケットに進出し、システムファニチャーの先駆けとなります。1945年、ジョージ・ネルソンをデザインディレクターに迎え、翌年にはチャールズ&レイ・イームズがデザインコンサルタントとして参加。この伝説的なデザイナーたちと共に、のちにインダストリアルデザインの象徴となる製品群を世に送り出しました。それ以降も、アレキサンダー・ジラード、イサム・ノグチなどのミッドセンチュリーを代表するデザイナーたちと積極的にパートナー関係を築き、名作を次々に発表します。時代を代表するモダニズム・デザイナーを多く輩出し、家具の歴史を大きく塗り替える偉業を達成し、世界にその名を知られる存在となりました。「問題を解決するためのデザイン」という理念のもと、革新的な技術、そして前衛的なチャレンジと先見性で常に世界をリードし、家具メーカーとして比類なきポジションを確立したハーマンミラー。環境擁護や地域貢献といった活動も精力的に展開しており、その影響力は現在も世界中で高まり続けています。

サイズ(単位mm)

  • 幅 700 奥行き 710 高さ 850-920 座高 450-520 肘高 580-650 

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材 座面:本革張り フレーム・脚部:アルミニウム

機能 回転式昇降 チルトロッキング

定価 609,120円

一脚の販売です

★★★★大きく美観を損なうダメージはなく、程度は良好

こちらの商品もよく見られています