ローゼンタール Rosenthal / Germany Rosenthal Studio Line / Suomi Concept 2 ティーセット 19点

売り切れました

ドイツ Rosenthal Studio Line ( ローゼンタール スタジオライン ) による、Timo Sarpaneva ( ティモ・サルパネヴァ ) デザインの、スオミ コンセプト2 ティーセット19点です。

パリのポンピドゥーセンター(フランス国立近代美術館)の永久コレクションに選ばれているお品です。

  • 商品ID : 29806
  • 無料査定も承ります
  • 使用感などは写真掲載の通り

サイズ(単位mm)

  • カップ x6 幅115 奥行き90 高さ52
  • ソーサ x6 幅155 奥行き155 高さ18
  • プレート x6 幅195 奥行き195 高さ18
  • ポット 幅195 奥行き130 高さ160

*若干の誤差は御了承下さい。

*外箱付きですが、状態が悪いため梱包用の箱としてお考え下さい。
*商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。

Category: ガラス・食器

ドイツ Rosenthal Studio Line ( ローゼンタール スタジオライン ) による、Timo Sarpaneva ( ティモ・サルパネヴァ ) デザインの、スオミ コンセプト2 ティーセット19点です。

パリのポンピドゥーセンター(フランス国立近代美術館)の永久コレクションに選ばれているお品です。

ティモ・サルパネヴァ Timo Sarpaneva (1926-2006)
Kaj FranckやTapio Wirkkalaと並び、フィンランドを代表する3大デザイナーの一人として知られている「Timo Sarpaneva」1926年にフィンランドのヘルシンキに生まれ。1948年にヘルシンキ美術工芸大学グラフィックデザイン学科を卒業。 その後、イッタラ社に入社し、プロダクトデザイナー兼展示課長となります。1950年代には本人およびイッタラ社の代表作となるiシリーズを発表。有名なiittala社のiマークもこの時デザインしたTimo sarpanevaによるものです。芸術的なものから実用的なものまで、ガラス製品だけではなくウッド・メタル・陶器・テキスタイルなど多岐にわたりデザインしました。

ローゼンタール / Rosenthal
フィリップ・ローゼンタールが1879年にドイツ南部バイエルン州のエアースロイト城に絵付け工房を開いたのが始まりです。良質の陶土を求め、磁器生産の中心地ゼルプに工場を設立。瞬く間にヨーロッパを代表するメーカーになりました。「アートのある暮らし」をコンセプトに、時代を超えて輝きつづけるデザインを発信しています。

サイズ(単位mm)

  • カップ x6 幅115 奥行き90 高さ52
  • ソーサ x6 幅155 奥行き155 高さ18
  • プレート x6 幅195 奥行き195 高さ18
  • ポット 幅195 奥行き130 高さ160

*若干の誤差は御了承下さい。

*外箱付きですが、状態が悪いため梱包用の箱としてお考え下さい。
*商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。

写真掲載の通り

  • 商品の取り付けや組み立て、配線等はお客様にてお願いします。
  • ご購入後1週間以上の保管は受け付けかねます。
  • 配送後1ヶ月以上経過した場合の対応はいたしかねます。
  • 不足パーツやメーカーオプション品などについては事前にお客様にてご確認下さい。
  • パーツや説明書について、本文中や掲載写真にない場合は付属いたしません。
  • 商品詳細画像が見られない場合はお問い合わせください。未確認のままご購入された場合の返品はいたしかねますので必ずご確認ください。
  • 写真掲載枚数に限りがありますので実用に差し支えない部分や、あまりに細かい傷などは記載できない場合があります。
  • 個人の主観により差があるとは思いますが、中古家具における多少の匂いについてはあらかじめご了承ください。
  • 前所有者による改造や修理、通常の扱いでは見えない場所の破損、予想できない経年による劣化などにつきましては対応いたしかねる場合がございます。
  • ユーズド品につき殆どの商品が一点物になります。運送事故や不具合により納品できなくなった場合代替品はご用意できません。
  • 設置に関わる工事費用や新品代替品のご用意などご購入代金を超える保証はできかねます。
ヴィンテージ、アンティーク商品の取り扱いについて
  • 塗装は現代の塗装よりも弱いものが大半で、輪染みや色落ち、色移りの可能性があります。
  • 現代の家具よりも強度が弱く、設置場所や輸送時の温度や湿度によって収縮が生じる場合があります。
  • オイル仕上げやラッカー仕上げが主になりますので、アルコールでの吹き上げは塗装をはがすことになりますので、厳禁です。
  • メンテナンスオイルを塗布しての出荷になりますので、水拭き時にオイルが付着し、茶色くなりますが、汚れではありません。

こちらの商品もよく見られています