Uniflex ヴィンテージ サイドボード

売り切れました

英国ミッドセンチュリーUniflex Furnitureによる、チーク材ヴィンテージ サイドボードです。

日本のヴィンテージ市場ではあまり見られないレアなメーカーです。デンマークファニチャーをルーツにしたフォルムにインダストリアル風の真鍮金物やローズウッドの飾り突板貼りが施された独特の個性を備えたサイドボードです。

  • 商品ID : 31666
  • 無料査定も承ります
  • 使用感などは写真掲載の通り

英国ミッドセンチュリーUniflex Furnitureによる、チーク材ヴィンテージ サイドボードです。

日本のヴィンテージ市場ではあまり見られないレアなメーカーです。デンマークファニチャーをルーツにしたフォルムにインダストリアル風の真鍮金物やローズウッドの飾り突板貼りが施された独特の個性を備えたサイドボードです。

チーク / teak

世界の最高級木材のひとつで、家具の仕上げ材、建材、彫刻材をはじめチークの優れた耐水性を利用し船舶の甲板やウッドデッキなどにも利用されており高級感と味わいを兼ね備えた美しい木目は現在最も人気のある木材です、現在では自然保護のため伐採禁止になっているところが多く、輸入が大変厳しくなっています

ユニフレックス / Uniflex Furniture

1960年代のイギリスメーカーUniflex Furniture社。日本での知名度は低いですが、デザイン性の高さと確かな品質から世界的にデザイナーズ家具として高く評価されています。G-PLAN、McIntoshと並びミッドセンチュリーのイギリスを代表する家具メーカーの一つです。

戦後、モダンな北欧デザインが大ブームとなり、英国でも北欧スタイルの家具が作られるようになります。伝統的な家具作りの基盤があった英国の高い技術力と生産力は、高品質な家具を生み出すことを可能にしました。いち早くデンマークデザインを取り入れたG-PLAN(ジー・プラン)や、スコットランドの老舗メーカーA.H.McIntosh(A.H.マッキントッシュ)、Nathan(ネイサン)などが代表的な英国メーカーです。その他にも、北欧スタイルの優秀な家具メーカーが多数存在しました。ミッドセンチュリー期に作られた英国の北欧スタイル家具は、本場の北欧家具に負けずとも劣らない品質とデザイン性で現在でも高く評価され、近年、ますます人気が高まっています。

ローズウッド / Rose wood

ローズウッドは丈夫で重く、磨くと美しい光沢がでる木材。高級家具材として使用されています。 指物、唐木細工、象嵌、突き板、ナイフの柄などに使用され、バラの花のような芳香があるためローズウッドの名が付いています。

サイズ(単位mm)

  • 幅 1680 奥行き 470 高さ 795
    • 引き出し内寸 幅 840 奥行き 375 高さ 110

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • チーク

  • ローズウッド

*商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。

★★★★大きく美観を損なうダメージはなく、程度は良好