Herman Miller アーロンチェア

売り切れました

ハーマンミラーによる、ビル・スタンフ&ドン・チャドウィックがデザインしたアーロンチェア クラシック(Bサイズ)です。

  • 商品ID : 35087
  • 無料査定も承ります
  • 使用感などは写真掲載の通り

ハーマンミラーによる、ビル・スタンフ&ドン・チャドウィックがデザインしたアーロンチェア クラシック(Bサイズ)です。

ハーマンミラー / Herman Miller

アメリカが世界に誇る、最高峰のアメリカンモダンファニチャーブランド。ハーマンミラーの歴史は、1923年、ミシガン・スター・ファニチャー・カンパニーの社長だったD.J.デプリーが、養父のハーマンミラーに会社の株の購入を勧めたことから始まります。当初は伝統的スタイルの家庭用家具を製造していましたが、1930年、ニューヨークのデザイナー、ギルバート・ローディとの出会いをきっかけに、アメリカ人のライフスタイルとニーズに合った製品を作ることに目を向け、モダニズム路線へと転換していきました。1945年、ジョージ・ネルソンをデザインディレクターに迎え、翌年にはチャールズ&レイ・イームズがデザインコンサルタントとして参加。この伝説的なデザイナーたちと共に、のちにインダストリアルデザインの象徴となる製品群を世に送り出しました。それ以降も、アレキサンダー・ジラード、イサム・ノグチなどのミッドセンチュリーを代表するデザイナーたちと積極的にパートナー関係を築き、名作を次々に発表します。「問題を解決するためのデザイン」という理念のもと、革新的な技術、そして前衛的なチャレンジと先見性で常に世界をリードし、家具メーカーとして比類なきポジションを確立したハーマンミラー。環境擁護や地域貢献といった活動も精力的に展開しており、その影響力は現在も世界中で高まり続けています。

ハーマンミラー社が開発した、初代アーロンチェア。ビル・スタンフ&ドン・チャドウィックがデザインし、1994年に誕生しました。人体の運動理論に基づいて設計されており、人間工学(エルゴノミクス)を取り入れた高機能ワークチェアとしてそれまでのワークチェアの常識を覆しました。発売以来、世界中でロングランヒットを続け、今やハーマンミラーの代名詞的な存在となっています。知名度、実績、ダントツの名作ワークチェアとして根強い人気を誇ります。2018年3月をもって、アーロンチェア クラシックは生産終了となりました。

ビル・スタンフ / Bill Stumpf (1936-2006)

ビル・スタンフは1936年ミネソタ州生まれ。イリノイ工科大学で工業デザインを学ぶ。1970年よりハーマンミラー・リサーチ・コーポレーションに加わり、ハーマンミラーの仕事を開始。1972年に自身の会社を設立した後、エルゴノミクス(人間工学)の先駆けとなるアーゴンチェアを創出。その後、ドン・チャドウィックとのコラボレーションで革新的なエクアチェアと象徴的なアーロンチェアをプロデュース。ハーマンミラー社のコンサルタントとして、エルゴノミクス(人間工学)の観点より様々な製品開発に携わった。

ドン・チャドウィック / Don Chadwick (1936-)

ドン・チャドウィックは1936年にカリフォルニア州で生まれた。カリフォルニア大学で工業デザインを学ぶ。1974年に「チャドウィック・モジュラー・シーティング」を発表し、商業デザイナー協会コンクールで1位に選ばれた。家具というものは、デザイナーに「素材を新しい革新的な方法」で使うことによって人びとの暮らしに「真の違い」を作り出すチャンスを与えてくれる、と確信して家具の世界へ入り、新しいアイディアを革新的な商品開発に向けている。エクアチェア、アーロンチェアといったハーマンミラーの代表作に携わった。

サイズ(単位mm)

  • 幅 700~765 奥行き 680~850 高さ 950~1100 座高 410~560 肘高 550~660

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • 背・座面:ペリクル(エラストメリック、ポリエステル)
  • アーム貼地:ビニール 脚:アルミダイキャスト

特記事項

【Bサイズフル装備】

  • シート高さ調整(ガス圧式)
  • リクライニングの硬さ調整
  • アーム角度/高さ調節
  • リクライニングの範囲設定
  • 前傾チルト機能
  • ランバーサポート装備

*商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。

★★★★大きく美観を損なうダメージはなく、程度は良好

こちらの商品もよく見られています