ドリアデ driade Driade コステスチェア

売り切れました

イタリアのトップブランドdriade(ドリアデ)社による、ALEPH Costes(コステス)チェアです。

  • 商品ID : 35216
  • 無料査定も承ります
  • 使用感などは写真掲載の通り

イタリアのトップブランドdriade(ドリアデ)社による、ALEPH Costes(コステス)チェアです。

コステスチェアは1984年にフィリップスタルクとドリアデのコラボレーションにより誕生しました。伝説的なパリのカフェ"Cafe Costes(カフェ・コスト)"のためにデザインされたため、コステスというネーミングがついています。プライウッドによる包みこむような曲面と、レザークッション、スチール焼付け塗装の3本の脚が大きな特徴です。

ドリアデ / driade
イタリアにおけるモダン家具の代表的メーカーであるドリアデ社は、1968年ミラノ南東部の都市ピアチェンツァで設立され、ミラノ国際家具見本市でセンセーショナルなデビューを飾りました。60年代後半の合理主義デザインに対する反動の時代に生まれ、ポストモダンの台頭へ至る過激なデザイン論争の時代に成長したドリアデは、その潮流に身を置きながらも、常に冷静に「モダン」の意味を問い続けた企業として、また、イタリアの知的アバンギャルドとして世界で高い評価を得ています。

フィリップ・スタルク / Philippe Starck (1949-)
1949年パリに生まれる。パリのエコール・カモンド(デザイン・スクール)で学んだ。1968年、弱冠18歳にして最初のデザイン事務所を設立。1969年、ピエール・カルダン社のアート・ディレクターに就任し、インテリアデザイン及びプロダクトデザインを担当。4年後にピエール・カルダンを退社し、1977年にはフィリップ.K.ディックのSF小説から名前を取った、UBIK社を設立。その後、アメリカにスタルク・プロダクト社を設立。パリのクラブ「マン・ブルー」や「レ・ヴァン・ドゥーシュ」のインテリアを手掛け、その名が広く知られるようになる。1982年、当時のフランス大統領、フランソワ・ミッテランの依頼により大統領公邸、エリゼ宮の内装を担当したことで一躍脚光を浴び、そして1984年「カフェ・コスタ(パリ)」のインテリアデザインが世界中のメディアに取り上げられ、世界的な知名度を得た。家具のデザインだけでなく、アレッシー社のテーブルウェア、 Thomson社の電話機、ラジオ、リモコン、ボータブルテレビ、 Laguioe社のナイフ、Heller社のトイレブラシなどプロダクト・デザインを手掛ける。1990年に誕生し、フィリップ・スタルクの代名詞と言われている”Juicy Salif”というレモン搾り器は、機能性だけではなくシンプルで美しいフォルムと芸術的も高く評価され、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久コレクションに認定されている。1989年に建てられた、東京・浅草の「アサヒビールスーパードライホール・フラムドール(金色の炎)」は日本のスタルクデザイン作品として知られている。スタルクは”実用性”と”ミニマリズム”という2つの事をものづくりのコンセプトに掲げ、ものが果たす役割や、ものを使う人のことを徹底的に考え、そして無駄な装飾を省いたシンプルなデザインで世界中の人々の心を掴んでいる。建築・インテリア・家具・食器・出版物など、多様な分野に渡るデザインを手掛けることから、”総合デザイナー”とも呼ばれている。

サイズ(単位mm)

  • 幅 475 奥行き 540 高さ 780 座高 465 肘高 605

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材 スチール、合板、本革

参考定価 112,000円(税込)

*商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。

★★★使用感あるが日常使用上問題無し