英国アンティーク ダイニングチェア4脚セット / 張替済 ウィリアムモリス

¥99,000

ブリティッシュオーク材を使用した、英国アンティークチェア 4脚セット / 張地: William Morris Vine ( ウィリアムモリス ヴァイン) です。

鮮やかな虎斑が表れたブリティッシュオーク無垢材を使用。ウィリアムモリスによる張地も可愛らしく素敵です。古き良き西欧の伝統を感じさせるアールデコ様式のデザインで、使い込まれて程よく古びた風合いが素朴で優しい雰囲気を演出します。

  • 商品ID : 36984
  • 無料査定も承ります
  • 使用感などは写真掲載の通り

ブリティッシュオーク材を使用した、英国アンティークチェア 4脚セット / 張地: William Morris Vine ( ウィリアムモリス ヴァイン) です。

鮮やかな虎斑が表れたブリティッシュオーク無垢材を使用。ウィリアムモリスによる張地も可愛らしく素敵です。古き良き西欧の伝統を感じさせるアールデコ様式のデザインで、使い込まれて程よく古びた風合いが素朴で優しい雰囲気を演出します。

ウィリアム・モリス / William Morris
1834年、ロンドンの郊外に生まれ。英国の思想家、詩人であり、近代デザイン史上に大きな影響を与えた。手仕事からうまれる自然に根ざした美しさを発表しつづけ、草花や樹木をモチーフとしたファブリックや壁紙は、150年以上経てもなお新鮮な魅力に満ちています。

アールデコ
アールヌーヴォー時代に続き、ヨーロッパおよびアメリカ(ニューヨーク)を中心にして、1910年代半ばから1930年代にかけて流行しました。アールヌーヴォーは植物などを思わせる曲線を多用した有機的なデザインでしたが、アールデコは幾何学図形をモチーフにした記号的表現や、原色による対比表現が特徴です。チャールズ・レニー・マッキントッシュや、フランク・ロイド・ライトのデザインもアールデコの流れに位置づけられます。

ブリティッシュオーク / BrithishOak
イギリスの伝統的な家具造りに使われる事の多いオーク材は、イギリスアンティーク家具を象徴する材として、ブリティッシュオークと呼ばれています。日本で洋家具が造られ始める明治期以前、国内ではオーク材(ナラ材)の利用価値が無かった為、北海道産のミズナラが安い値段でイギリスへ輸出されていました。現代になって輸入されて来たブリティッシュオーク、アンティーク家具が実は日本へ里帰り、という可能性も少なくは有りません。

サイズ(単位mm)

  • x4 幅 455 奥行き 510 高さ 875 座高 440

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • オーク材
  • 張り地: ファブリック

特記事項

  • 座面張地: 新しく張り替えております
  • 商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。

★★★★大きく美観を損なうダメージはなく、程度は良好