CANTU イタリアンクラシック キュリオキャビネット

¥159,000

イタリアの家具ブランド CANTU社による、マホガニー材を使用した、クラシックアールデコスタイルのキュリオキャビネットです。

縮み杢など希少な杢をふんだんに用いた大変贅沢な一品です。彫り深い陰影が残る脚のラインやカーブを取り入れた上品なフォルムが魅力です。

  • 商品ID : 38955
  • 無料査定も承ります
  • 使用感などは写真掲載の通り

イタリアの家具ブランド CANTU社による、マホガニー材を使用した、クラシックアールデコスタイルのキュリオキャビネットです。

縮み杢など希少な杢をふんだんに用いた大変贅沢な一品です。彫り深い陰影が残る脚のラインやカーブを取り入れた上品なフォルムが魅力です。

キュリオキャビネット
curio(キュリオ)とは、骨董品のことで、趣味で集めているコレクションなどをを飾るための高級な飾り棚のことをキュリオケース又はキュリオキャビネットという。素材は木製とガラスで造られている物が多くを占めている。

マホガニー / Mahogany
加工性や寸法安定性、耐久性など優れており、天然乾燥の速度も速く、狂いや割裂も少ないため、 高級車のダッシュボードやハンドル、シフトノブなどに伝統的に用いられています。 古くから世界的な銘木の一つで、特に欧米で高く評価されています。 上品で美しい木目は家具やギター等の化粧板として装飾に利用され 仕上げは良好で光沢があり、他の木材よりも圧倒的に高級感のある雰囲気を演出します。

アールデコ
アールヌーヴォー時代に続き、ヨーロッパおよびアメリカ(ニューヨーク)を中心にして、1910年代半ばから1930年代にかけて流行しました。アールヌーヴォーは植物などを思わせる曲線を多用した有機的なデザインでしたが、アールデコは幾何学図形をモチーフにした記号的表現や、原色による対比表現が特徴です。チャールズ・レニー・マッキントッシュや、フランク・ロイド・ライトのデザインもアールデコの流れに位置づけられます。

サイズ(単位mm)

  • 幅 500 奥行き 445 高さ 1540

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • マホガニー突板、ガラス、ミラー

特記事項

  • 鍵1本付属

*ミラー、ガラスに細かな傷が見られます。

*キュリオキャビネットのみの出品です。ディスプレイ品は含まれません。

*商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。

★★★★大きく美観を損なうダメージはなく、程度は良好