天童木工 Tendo ラダーバック アームチェア 2脚セット

定価¥128,520   ¥39,000

天童木工による 菅沢光政デザイン、サペリ材ラダーバック ダイニングチェア2脚セットです。

しなやかなカーブを備えた、流れるような芸術性溢れるフォルムが魅力のアームチェア。菅沢光政デザインの高い技術が伺える上質なお品です。

  • 商品ID : 42480
  • 無料査定も承ります
  • 使用感などは写真掲載の通り

天童木工による 菅沢光政デザイン、サペリ材ラダーバック ダイニングチェア2脚セットです。

しなやかなカーブを備えた、流れるような芸術性溢れるフォルムが魅力のアームチェア。菅沢光政デザインの高い技術が伺える上質なお品です。

天童木工 / TENDO
1940年に天童木工家具建具工業組合として創立。1942年に有限会社天童木工製作所、1948年に株式会社への変更を経て天童木工になりました。もともとは弾薬箱やGI型飛行機の木製おとり機等といった軍需品を製作していましたが、終戦を機に戸棚や飯台、流し台といった家具作りを開始。プライウッドの成型技術を日本で最初に確立し、業界でもトップクラスの加工技術として高く評価されています。創立以来「良いものをより永く」の基本理念の元、「暮らしに彩を添え、豊かな時を奏でる家具作り」が目指されています。

菅沢光政 / Mitsumasa Sugasawa
1940年 東京都生まれ。1962年 千葉大学工業短期大学部・木材工芸科卒業後、同年(株)天童木工入社。1966年 デンマーク国立技術研究所にて研修し、その後1972年(財)発明協会よりロッキングチェアーのデザインで発明賞受賞しました。1995年 スポークチェアー、ペリアンチェアーの復刻をプロデュース。1996年 (財)工芸財団より国井喜太郎産業工業賞受賞。2003年にはマッシュルームスツールの復刻をプロデュースします。家具デザインにとどまらず、名作椅子の復刻にも尽力したプライウッドの第一人者です。

サペリ / Sapele
主に、アフリカ赤道付近の熱帯雨林地域に分布している木材。マホガニーと似た所があるため、別名サペリマホガニーと呼ばれマホガニーの代用として重宝されます。表面に独特の美しい縞目模様があり、高級家具や外装材、内装材、ドアの材料、ボート、ピアノ、スポーツ用品などの材料に広く用いられています。

サイズ(単位mm)

  • 椅子 x2 幅 530 奥行き 510 高さ 1010 座高 430 肘高 615

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • サペリ
  • 張り地:合成皮革

参考定価

  • 64,260×2脚=128,520円(税込)
  • 参照:同商品ビーチ材(ナチュラルカラー)

*商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。

★★★★大きく美観を損なうダメージはなく、程度は良好