ノール Knoll チューリップ アームチェア

定価¥313,500   ¥59,000

アメリカ Knoll(ノール)による、フィンランドの建築家 Eero Saarinen(エーロ・サーリネン)デザイン、チューリップ アームチェアです。

  • 商品ID : 42950
  • 無料査定も承ります
  • 使用感などは写真掲載の通り

アメリカ Knoll(ノール)による、フィンランドの建築家 Eero Saarinen(エーロ・サーリネン)デザイン、チューリップ アームチェアです。

1958年にデザインされたミッドセンチュリー期の名作。その名の通り、チューリップの花びらのような形からこの名を冠します。一本脚で自立するデザインは、5年の研究を経て生まれた世界初のデザインであり、それまでの椅子の概念を覆すものでした。FRPシェルとシートパッド、回転機能を持つ1本脚のアルミニウムベースから構成され、ダイニングチェアやデスクチェアなど、様々なスペースで利用することが可能です。

ノール / Knoll
「Knollの歴史は、そのままアメリカの近代デザイン運動の歴史でもある」と言われるほどの功績を残した名門家具ブランド。ヨーロッパで絶大な人気を誇るドイツ家具ブランドの最高峰、WALTER KNOLL(ウォルターノル)の創業者であるウォルター・C・ノルの息子、ハンス・ノルが1938年にニューヨークで設立。ハンスは13歳のときに、芸術学校バウハウスの展覧会で見た革新的なデザイン家具に感銘を受け、24歳で「工業生産できる、安価で優れた家具」というバウハウスやその当時の芸術運動の思想を実現する会社をつくり、成功の第1歩を踏み出します。ミース・ファン・デル・ローエや、エーロ・ サーリネンなどの名デザイナーとのコラボレーションによる画期的なコレクション、そしてハリー・ベルトイア、ジャン・リソムやイサム・ノグチなどの芸術家達との共同開発によって、数々のモダンデザインの名作を世に送り出しました。アメリカのデザイナーだけではなく、北欧の巨匠ポール・ケアホルムや後の家具デザインにも多大な影響を与えました。当時、他社では不可能であった『バルセロナチェア』はミースの要望を、高い技術力と研究により実現させ、MoMAの永久コレクションとして収蔵されています。現在は、往年の作品を含む「Knoll Studio」、ボロックチェアに代表される、快適で革新的なオフィスユースに特化した「Knoll Office」、カーテンや椅子張り地等を製造するテキスタイル部門の「Knoll Textiles」と、幅広い分野でインテリア事業を展開しています。素晴らしいデザイナー達がデザインした家具を提案し続け、世界中から高い支持を得ています。

エーロ・サーリネン / Eero Saarinen
フィンランド、ヘルシンキ生まれ。1923年に渡米し1929年パリで彫刻を学び翌年にはイェール大学で建築を学び、1934年卒業。クランブルック芸術アカデミーの教授でもあった父の助手を勤めていた時、チャールズ・イームズと出会い、共同作業に取り掛かり、その成果は1940年にMoMAが催した『家庭調度のオーガニックデザイン』コンペティションでの受賞作で頂点に達した。その後、ノール・インターナショナル社の家具を数点デザインする。サーリネンの最大の建築プロジェクトは、JFケネディ空港TWAターミナルビルなどがある。

サイズ(単位mm)

  • 幅 670 奥行き 600 高さ 815 座高 470 肘高 630

*若干の誤差は御了承下さい。

定価

  • 同仕様現行品: 313,500円(税込)

特記事項

  • 回転式
  • 商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。

★★★やや傷や汚れあり