レンプロイ Remploy チェストサイドボード

売り切れました

英国ミッドセンチュリー期の家具メーカー Remploy (レンプロイ)による、ヴィンテージ サイドボードです。

なめらかに削り出された取っ手の美しいディテール、ヴィンテージならではの質感が味わい深いお品。作りの良さと手の込んだ意匠が調和した上質なサイドボードチェストです。

  • 商品ID : 46807
  • 無料査定も承ります
  • 使用感などは写真掲載の通り

サイズ(単位mm)

  • 幅 1080 奥行き 440 高さ 685

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • アフロモシア

英国ミッドセンチュリー期の家具メーカー Remploy (レンプロイ)による、ヴィンテージ サイドボードです。

なめらかに削り出された取っ手の美しいディテール、ヴィンテージならではの質感が味わい深いお品。作りの良さと手の込んだ意匠が調和した上質なサイドボードチェストです。

戦後、モダンな北欧デザインが大ブームとなり、英国でも北欧スタイルの家具が作られるようになります。伝統的な家具作りの基盤があった英国の高い技術力と生産力は、高品質な家具を生み出すことを可能にしました。いち早くデンマークデザインを取り入れたG-PLAN(ジー・プラン)や、スコットランドの老舗メーカーA.H.McIntosh(A.H.マッキントッシュ)、Nathan(ネイサン)などが代表的な英国メーカーです。その他にも、北欧スタイルの優秀な家具メーカーが多数存在しました。ミッドセンチュリー期に作られた英国の北欧スタイル家具は、本場の北欧家具に負けずとも劣らない品質とデザイン性で現在でも高く評価され、近年、ますます人気が高まっています。

レンプロイ Remploy
1945年、エルネスト・ベビンによってイギリス・サウスウェールズにて設立。戦争で負傷した人や障碍者を雇用する、政府運営の福祉工場としてスタート。当初は家具やバイオリンを手がけ、1946年には事業拡大に伴い「Remploy」へと社名を変更。学校や教育施設向むけの家具を数多く製造し、高品質な製品が高く評価されました。60年代頃にかけてのプロダクトは当時世界的に流行していたデンマークスタイルをベースにシンプルで美しいラインを取り入れた、洗練されたデザインが特徴です。

アフロモシア Afrormosia
アサメラ(Assamela)、コクロジュア(Kokrodua)、市場名でアフリカンチークとも呼ばれます。硬く保存性の良い材で収縮も少なく、多くの用途に向え、チークの代用材としても扱われる高級家具材です。

サイズ(単位mm)

  • 幅 1080 奥行き 440 高さ 685

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • アフロモシア

★★★ やや傷や汚れあり