ハーバート・E・ギブス Herbert E. Gibbs ヴィンテージ ウォールユニット

通常価格¥97,900   ¥64,900 (税込み)

英国Herbert E. Gibbs(ハーバート・E・ギブス)による、ヴィンテージ ウォールユニットです。

美しい褐色のチーク材をふんだんに使用したヴィンテージのウォールユニット。本棚や飾り棚、食器棚など多用途に使え、中央のキャビネットはデスクとして使えるビューロ仕様です。

  • 商品ID : 55160
  • 無料査定も承ります
  • 使用感などは写真掲載の通り

サイズ(単位mm)

  • 幅 915 奥行き 405 高さ 1840
    • ライティング天板部 幅 875 天板下の奥行き 280 床から天板下までの高さ 715

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • チーク

特記事項

  • 鍵1本付属
  • 棚板固定式
  • ガラス棚板高さ調節可

英国Herbert E. Gibbs(ハーバート・E・ギブス)による、ヴィンテージ ウォールユニットです。

美しい褐色のチーク材をふんだんに使用したヴィンテージのウォールユニット。本棚や飾り棚、食器棚など多用途に使え、中央のキャビネットはデスクとして使えるビューロ仕様です。

ハーバート・E・ギブス Herbert E. Gibbs
Herbert E Gibbs(ハーバート・E・ギブス)がロンドンで創業した家具メーカー。創業者のハーバート・E・ギブスは、家具作りの専門学校を卒業した後、講師として木工の技術を教えていました。1920年にHerbert E Gibbs社を設立し、家庭用や商業用の家具を生産。北欧スタイルでありながら、英国らしい品格を醸し出すデザインで人気を確立しました。高い完成度を誇り洗練された「渋さ」が魅力的なメーカーです。

チーク(本チーク) teak
タイ北部からミャンマー産のチーク材は厳しい環境の中、ゆっくりと油分を蓄えながら育ち、鉄の防腐食作用、耐水、防腐、防虫作用が強く、収縮率が少なく木肌も詰まって美しい為、ブラジリアンローズ、ホンジュラスマホガニーと並ぶ世界三大銘木のひとつとして珍重されてきました。この地域のチーク材は「巻き枯らし」と呼ばれる3~5年をかけて立木のまま水抜きをする特殊な伐採手順を踏んでおり非常に素直な加工に適した木質となっています。また、この手順から(ドライチーク)とも呼ばれています。北欧家具や高級家具の素材として使われてきたチーク材ですが、現在は個体数が激減し極めて稀少価値の高い存在となっております。現在流通するチーク材は人工栽培されたインドネシア、ジャワ産の「インドネシアチーク」が主流になっていますが、成長がはやく若木のうちに伐採されるため、木目の美しさや耐久性に劣ります。

サイズ(単位mm)

  • 幅 915 奥行き 405 高さ 1840
    • ライティング天板部 幅 875 天板下の奥行き 280 床から天板下までの高さ 715

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • チーク

特記事項

  • 鍵1本付属
  • 棚板固定式
  • ガラス棚板高さ調節可

★★★★ 目立った傷や汚れなし

  • 商品の取り付けや組み立て、配線等はお客様にてお願いします。
  • ご購入後1週間以上の保管は受け付けかねます。
  • 配送後1ヶ月以上経過した場合の対応はいたしかねます。
  • 不足パーツやメーカーオプション品などについては事前にお客様にてご確認下さい。
  • パーツや説明書について、本文中や掲載写真にない場合は付属いたしません。
  • 商品詳細画像が見られない場合はお問い合わせください。未確認のままご購入された場合の返品はいたしかねますので必ずご確認ください。
  • 写真掲載枚数に限りがありますので実用に差し支えない部分や、あまりに細かい傷などは記載できない場合があります。
  • 個人の主観により差があるとは思いますが、中古家具における多少の匂いについてはあらかじめご了承ください。
  • 前所有者による改造や修理、通常の扱いでは見えない場所の破損、予想できない経年による劣化などにつきましては対応いたしかねる場合がございます。
  • ユーズド品につき殆どの商品が一点物になります。運送事故や不具合により納品できなくなった場合代替品はご用意できません。
  • 設置に関わる工事費用や新品代替品のご用意などご購入代金を超える保証はできかねます。
ヴィンテージ、アンティーク商品の取り扱いについて
  • 塗装は現代の塗装よりも弱いものが大半で、輪染みや色落ち、色移りの可能性があります。
  • 現代の家具よりも強度が弱く、設置場所や輸送時の温度や湿度によって収縮が生じる場合があります。
  • オイル仕上げやラッカー仕上げが主になりますので、アルコールでの吹き上げは塗装をはがすことになりますので、厳禁です。
  • メンテナンスオイルを塗布しての出荷になりますので、水拭き時にオイルが付着し、茶色くなりますが、汚れではありません。