ノリタケ noritake サンクエトワールライン 16.5cm パン皿 4点セット

売り切れました

洋食器の世界ブランドのNoritake(ノリタケ)より、サンクエトワールライン アールデコスタイル 4454 パン皿 16.5cm 4点セットです。

クラシカルで繊細な装飾が華やかなダイニング空間を演出。パン皿やケーキ皿としてはもちろん、幅広くお使いいただけけるお品です。

  • 商品ID : 78746
  • 無料査定も承ります
  • 使用感などは写真掲載の通り

サイズ(単位mm)

  • x4 幅 165 奥行き 165 高さ 20

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • ボーンチャイナ

特記事項

  • 商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。
Category: 古書・古葉書

洋食器の世界ブランドのNoritake(ノリタケ)より、サンクエトワールライン アールデコスタイル 4454 パン皿 16.5cm 4点セットです。

クラシカルで繊細な装飾が華やかなダイニング空間を演出。パン皿やケーキ皿としてはもちろん、幅広くお使いいただけけるお品です。

ノリタケ noritake
1916年に名古屋市西区に合名会社日陶商会が日本陶器の国内販売向け会社として設立。また、1921年から東洋陶器(現・TOTO)の国内向け食器の販売も行なっていました。関東大震災により本店が火災にあった事などから1924年組織を改めるも、1961年に合併・組織変更し㈱日東陶器商会となりました。1962年には横浜、その翌年に新宿に出店するなど業務を拡大し、1964年4月1日に食器商品のブランド名「ノリタケ」から㈱ノリタケと改名。2000年4月1日に㈱ノリタケは㈱ノリタケリビングに吸収され消滅、翌年㈱ノリタケテーブルウェアと改称して現在し至ります。ノリタケの商品は、生地・絵付け材料の開発からデザインなど全ての工程を自社内で行い、一切の妥協を許さないものづくりの拘りを持っています。それは100年以上経った今でも次代の職人へと継承されています。

アールデコ
アールヌーヴォー時代に続き、ヨーロッパおよびアメリカ(ニューヨーク)を中心にして、1910年代半ばから1930年代にかけて流行しました。アールヌーヴォーは植物などを思わせる曲線を多用した有機的なデザインでしたが、アールデコは幾何学図形をモチーフにした記号的表現や、原色による対比表現が特徴です。チャールズ・レニー・マッキントッシュや、フランク・ロイド・ライトのデザインもアールデコの流れに位置づけられます。

サイズ(単位mm)

  • x4 幅 165 奥行き 165 高さ 20

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • ボーンチャイナ

特記事項

  • 商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。

★★★★ 目立った傷や汚れなし