ルイスポールセン louis poulsen Doo-Wop ペンダントライト

定価¥137,500   ¥103,400 (税込み)

デンマーク Louis poulsen(ルイスポールセン)による、「Doo-Wop」ペンダントライトです。

1952年にデンマーク海軍施設局のためにデザインされ、当時「ネイビーペンダント」という愛称で人気を集めたライト。内側と外側の二つのシェードによって、光が上下方向に柔らかく拡散され、お部屋を優しく照らし出します。

  • 商品ID : 80145
  • 無料査定も承ります
  • 使用感などは写真掲載の通り

サイズ(単位mm)

  • 幅 280 奥行き 280 高さ 235 コード長さ 1400

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • 真鍮

特記事項

  • E26x1灯。通電確認済み。電球は付属しません。
  • 定価 137,500円(税込)
  • シェードにくすみ、凹みがあります。
  • 商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。

デンマーク Louis poulsen(ルイスポールセン)による、「Doo-Wop」ペンダントライトです。

1952年にデンマーク海軍施設局のためにデザインされ、当時「ネイビーペンダント」という愛称で人気を集めたライト。内側と外側の二つのシェードによって、光が上下方向に柔らかく拡散され、お部屋を優しく照らし出します。

ルイスポールセン louis poulsen
ルイスポールセンはデンマークで設立された世界的な照明ブランドです。1892年、現在のルーツとなる工具・電気用品の販売会社が設立されます。1906年、創業者の死去に伴い、創業者の甥であるルイスポールセンが事業を引き継ぎます。その5年後に現在の社名「ルイスポールセン」へと名称が変更されました。ポール・ヘニングセンと共同で開発した“パリ・ランプ”が、1925年のパリの博覧会で高い評価を得たことで、照明器具の発売を開始します。それ以降、ポール・ヘニングセンをはじめ、アーネ・ヤコブセン、ヴァーナー・パントン、オイヴィン・スロット、アルフレッド・ホーマンなどの優秀なデザイナーたちとパートナーシップを結び、名作と呼ばれる照明作品を次々に作り出しました。特に、ポール・ヘニングセンがデザインし1958年に発表した「PHシリーズ」は、世界中で50万台以上販売され、現在では100種類以上のラインナップを誇る代表する名作照明となっています。ルイスポールセンのデザインコンセプトは、あくまでも良質な光を生むための機能性と、美しさを備えたデザインを作り出すことです。 グレアを抑え光の反射や拡散をコントロールすることで、建築やランドスケープを理想的に見せ、 空間の美しさをひきたてるようなデザインが特徴です。現在、ルイスポールセンは「近代照明のルーツ」といわれ、世界的な照明ブランドの地位を確固たるものにしています。

サイズ(単位mm)

  • 幅 280 奥行き 280 高さ 235 コード長さ 1400

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • 真鍮

特記事項

  • E26x1灯。通電確認済み。電球は付属しません。
  • 定価 137,500円(税込)
  • シェードにくすみ、凹みがあります。
  • 商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。

★★★ やや傷や汚れあり