ジープラン G-PLAN Group3 ヴィンテージ サイドボード

¥169,000

イギリスにおいてミッドセンチュリーを象徴するブランド G-PLAN (ジープラン) による Richard Young (リチャード・ヤング ) デザイン、Group3 (グループスリー) シリーズのサイドボードです。

  • 商品ID : 39422
  • 無料査定も承ります
  • 使用感などは写真掲載の通り

イギリスにおいてミッドセンチュリーを象徴するブランド G-PLAN (ジープラン) による Richard Young (リチャード・ヤング ) デザイン、Group3 (グループスリー) シリーズのサイドボードです。

G-PLANダニッシュシリーズと同時期の1962年に発表された、Richard Young(リチャード・ヤング)デザインのGroup3(グループスリー)シリーズ。ダニッシュシリーズが大きめな間取り用の設計だったのに対し、比較的小さな間取り用に設計されました。巨匠イブ・コフォード・ラーセンを迎えた62年の作品ということもあり、いち早くチーク材を取り入れブラジリアシリーズやフレスコシリーズに先んじてデンマークデザインを体現しました。販売期間が短かったため希少性が高く、G-PLANの支持者の間では隠れた名シリーズとして知られています。

リチャード・ヤング / Richard Young
1930年に生まれ、Ron Carter(ロン・センター)の元でRCAで学んだでいました。1950年代から1970年代後半まで英国の現代家具の最大のメーカーであったG-PLANでデザイナーを務めました。彼はG-PLANの多くの範囲を設計したことが知られています。代表作はハンス・ウェグナーの影響を受けた3脚のダイニングチェアとマッチングテーブルです。

ジープラン / G-PLAN
1898年創業の英国ハイ・ウィカムという町の「エベネゼル・グーム社」により 1952年に打ち出された家具商標(ブランド)です。1950年代の北欧家具ブームをイギリスで最初に取り込み1960年台にはロンドンの都市生活者の象徴と言われるほどの人気を集めました。「G」とはグーム社の頭文字、「PLAN」とはプランニング=「ライフスタイルを計画する」という商品コンセプトは単品はもちろんのこと、少しずつ買い揃えることによりトータルにモダンな部屋づくりが楽しめるという、当時としては画期的な発想でした。1987年には会社が売却され、紆余曲折を経てイングランド西部にある「G Plan Upholstery」がソファ類を、スコットランドにある「G Plan Cabinets」がキャビネットの製造を続けています。

チーク / teak
世界の最高級材のひとつで、高級感と味わいを兼ね備えた美しい木目により最も人気がある木材です。家具の仕上げ材、建材、彫刻材をはじめ優れた耐水性を利用し、船舶の甲板やウッドデッキなどにも利用されています。自然保護のため、伐採禁止になっているところが多く輸入が厳しくなっています。

アフロモシア / Afrormosia
アサメラ(Assamela)、コクロジュア(Kokrodua)、市場名でアフリカンチークとも呼ばれます。硬く保存性の良い材で収縮も少なく、多くの用途に向え、チークの代用材としても扱われる高級家具材です。

サイズ(単位mm)

  • 幅 1980 奥行き 440 高さ 790

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • チーク
  • アフロモシア

特記事項

  • 棚板取り外し不可

*商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。

★★★★大きく美観を損なうダメージはなく、程度は良好